宿研究

経営知識

環境分析

自社の戦略的方向性を定めるときに、強みや機会を適切に見定める必要がある。強みや機会を考えると複数の選択肢が浮かび迷う場合がある。企業の事業目的に立ち返り、最も目的に合う強みと機会を選択することで、限られた経営資源を効果的に使用することができるだろう。

内部環境分析

自社の経営資源を分析して、「強み」と「弱み」に分ける。経営資源には、人、モノ、金、情報の他、ブランド力や技術力などがある。

外部環境分析

外部環境を分析することで、「機会」と「脅威」を見つける。外部環境には、ミクロ環境とマクロ環境がある。ミクロは、会社の周りで起こる小さな枠組みの中の環境。マクロは、ミクロと比べると比較的大きな枠組みの環境である。

ミクロ環境 自社の属する業界内での競合状況(シェア) サプライヤーの動向(原材料)

マクロ環境  人口の減少 経済成長の低迷 新技術 政治 法改正

有名なフレームワーク

  • 経営資源→ヒト・モノ・カネ・情報
  • 3C→市場・顧客・競合・自社
  • ファイブフォースモデル→業界内・新規参入・代替品・売り手・買い手
  • 4P→製品・価格。プロモーション・流通
  • 4M→ヒト・マシン・マテリアル・メソッド

環境マトリックス

強み弱み
機会選択・集中戦略
自社の独自性を発揮
強化・追随戦略
弱みを克服すれば選択可
脅威防衛・回避戦略
強みを活かすことで脅威を回避
縮小・補完戦略
選択してはいけない

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP